写真額装・写真データ販売
Photo & Photo panel sales

藤波

藤波

藤棚の下に入ると何故に優雅な気持ちになるのでしょうか。藤の花とは日本人にとって特別なものなのでしょうか。家紋にも使われ藤の花色の薄紫は、「藤色」と呼ばれ、最も高貴な位のシンボルカラー。 かんざしに藤が使われるのは何故と。舞妓さんに尋ねてみました。万葉の歌でお返しがありました。 藤波の花は、盛りになりにけり、平城(なら)の京(みやこ)を、思ほすや君・・・と。意味を訪ねたら、 藤の花がいっぱい咲きましたね。これを見ていると奈良の都のことを思ってしまいますでしょ。成る程ですね。和歌とは解釈の仕方は無数にあり実に意味が深いと。 平安時代、藤は皇族や貴族を中心に大流行します。長寿でツルが長く伸び広がり、上から降り注ぐように甘く豊かな香りの花を咲かせる藤は、繁栄を象徴する花とされてきました。

仕上がりイメージ

【額装仕上がりイメージ】

※実際の仕上がりは、作品に合わせて額装を整えますのであくまでもイメージとしてご覧ください。

【ご注文フォーム】

藤波


    写真額装写真データ


    ご希望写真データサイズをご記入ください。
    ※印刷物の場合は、紙面サイズもお忘れないようにお願いします。

    写真を探す
    Search

    写真を探す

    タグ一覧

    迷路の坂道来島海峡輪郭誘導現象瀬戸内側因島源流菩薩那智の滝生命マンダラシャトー・マルゴー酸素日の出祈願火成岩体白龍恋心百貫島五感紅葉バトン宇宙早朝渓谷万葉集バカラのグラス音色ブナみふゆつぎ聖地灯台観音神秘作品とは出雲風土記アマビエ源流域子三瓶山透過クリスタル弘法大師橋杭岩分水嶺今高野山龍伝説観音菩薩瀬戸内海心音出会い重ねの色目来島海峡迂回航路孫三瓶山水脈坂道サイクリストメッセージ色彩出雲大社日本海予感稲佐の浜出会う場所源氏物語伝説星と月蓮池荘園稚魚田ノ原水墨画尾道寺の町大地大河配色美密教カベルネ・ソーヴィニヨン水の流れ三瓶山産卵人間関係愛情金剛界胎児日本海側物の哀れ浄土寺夜明け前霊気くしもと橋杭岩両界曼荼羅1/fの揺らぎアクア光彩陸離天空港町日の丸弁当神々月明かり岩子島銀山街道残光海蝕唐紅しまなみ海道奇岩受精卵朝露Aqua三次林芙美子万葉人ボルドー仁王執着八百万の神カモメ観音信仰雲海出雲受胎告知舞妓稜線疫病平田玉蘊タストヴァンアートラベル村上海賊蝋燭岩弁天島山麓旧暦10月頼山陽法輪瑠璃神峰山胎蔵界因島大橋如月多々羅大橋神無月赤ワイン柿本人麻呂美郷母のお腹襲色目ソムリエ東京物語多島美山紫水明ロータス聖域紅花雪の林西国寺阿吽満月曼荼羅侘び寂び空と星白ワイン和歌掛け戸松島銀河男三瓶山女三瓶山紀伊半島神在月命の始まり行場アダージョ

    PAGE
    TOP